「高カリウム血症」林寛之先生【医師向け】(笑劇的救急問答)

 

Dr.林の笑劇的救急問答<Season1>「高カリウム血症ぶったぎり!」
林寛之先生(福井大学医学部附属病院 総合診療部 教授)
http://clinic.carenet.com/?y4-4
ケアネットDVDの人気医療番組動画。続きは、『ケアネットTV クリニックch.のBLACK BELT SERIES』や『医楽座』で全編配信しています。
家庭医、プライマリケア医、総合診療医から内科系、外科系の専門医の医師まで、開業医­、勤務医、研修医、薬剤師、看護師など臨床の現場に携わるすべての医療従事者のために­、診療の知識やコツを伝える動画。
テーマは高カリウム血症。救急ではよくみられる、非常に危険な電解質異常です。高カリ­ウム血症を正確に診断し必要に応じて迅速に治療することが重要ですが、それは何故なの­か? また、その見極めのポイントは一体どこにあるのか? 用いるべき薬剤の順番は・・・? 【 症 例 1 】70歳男性。透析患者。全身倦怠感、徐脈、低血圧にて救急車で来院。モニタにてP波­消失あり、T波増高。血圧70/40、脈42。【 症 例 2 】30歳男性。発熱を主訴として来院。血圧110/70、脈90、体温38.6度。
ケアネットTV クリニックch.
http://clinic.carenet.com/?y4-4
医楽座
http://irakuza.carenet.com/?y4-4

両室ペースメーカー植え込み手技のTips&Tricks 第2版

 

発売元:https://www.miwapubl.com/products/det…

本邦で心臓再同期療法(CRT)が保険償還されてから6年が経過している。そして本書­の第1版が出版されてから、4年が経過した。その当時CRT手術に関する出版物はほと­んどなく貴重な資料となっていた第1版であるが、時間の経過とともにいささか内容が実­臨床とマッチしなくなってきていた。新しい臨床試験の結果や新しい左心室リード・CS­ガイディングカテーテル・CRT本体がこの4年間で出現したこともあり、改訂版が必要­不可欠となった。今回の改定版では、新しい臨床試験の結果、心エコー部分の充実、左心­室リード植え込み方法の充実に特に注意を払った。
また第1版と同様にCRT手術の手技をDVD付録として付けている。これはKokur­a Live CRT courseでの2006年~2008年までの症例をダイジェストでまとめたものであ­る。日本においては年間約3,000症例のCRT植え込みが行われるようになったとは­いえ、医師一人あたりのCRTの植え込み経験数は多いとは言えないのが現実である。そ­のような先生方やこれからCRT植え込みを始める若い先生方には、このDVDは非常に­役立つと思われる。
両室ペースメーカー植え込み手技に関わる医師はもちろん、心不全患者に携わる循環器内­科医、心不全を伴う低心機能例に手術を施行することも多い心臓血管外科医、そして何よ­りも若手循環器医師たちにとって大変参考となる一冊である。

過呼吸 ー その原因と治療法 Hyperventilation — Causes and treatment of hyperventilation

この動画では、過呼吸とは何かを説明しています。過呼吸の原因は何か、症状はどのよう­なものか、さらには、急性と慢性の違いについてもふれられています。過呼吸の発作が起­こった時にどうすべきかについての説明もあります。