災害時における少量の水を利用した口腔清掃法 #1 Oral care with a little water at disaster (Version #1)

 

2011/11/10 にアップロード

東日本大震災の後,3/31〜4/21の間,岡山大学病院医療支援班(第6班〜第12班)として歯科医師と歯科衛生士が参加しました。 その際には,飲料水が乏しい環境下で専門的口腔衛生管理を行いました。 この時の少量の水を利用した口腔清掃法をまとめました。 今後,水の使用が困難な場(災害時や在宅医療やベッドサイド)で,この方法をご利用下さい。 なお,公有の資料としてご利用いただいて結構です。
製作:岡山大学病院 歯科衛生士と歯科医師の有志
助成:2011年度岡山大学学長裁量経費(プロジェクト名:東日本大震災における岡山大学医療支援チーム派遣実績を基盤とした災害医療における教育プログラム <代表:谷本光音>)

After the Great East Japan Earthquake on 11th March 2011, Okayama University Hospital sent disaster medical assistance team. In this activity, dentists and dental hygienists joined the 6th to 12th teams from 31st of March to 21st of April 2011. During the period, dental teams used the oral care method with a little water as shown in this video. We’d like to recommend those who need oral care at situations with a little water such as disasters, home medical care, bedside care. We’ve decided to release this video as a public domain.
• Producers: Okayama University Hospital, volunteers of dental hygienists and dentists
• Supported by Okayama University President’s Discretion Funds (2011; to Mitsune Tanimoto for “Education Program for Disaster Medical Assistance based on the Dispatch of Okayama University Medical Assistance Team after the Great East Japan Earthquake”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です