科学医療フロンティア (14)新たな医のステージをひらく次世代PET装置~放射線医学総合研究所~

 

2014/01/08 に公開

2005年 29分

がん検診や脳科学研究で活躍するPET装置の多くは外国製ですが、放射線医学総合研究所の村山秀雄博士は、当初大学院生3人と共に純国産のPET開発をスタートさせ、遂に実用レベルの次世代PET試作機の開発に成功します。世界に例の無い、放射線検出素子を4層3次元に配置した次世代PETは、従来型より遙かに高い解像度・感度を併せ持ち、今後の医学や生物学に新しい領域を開くものとして期待されます。その開発のドキュメントです。

暮らし
科学館/研究所

村山秀雄 独立行政法人 放射線医学総合研究所 山谷泰賀 独立行政法人 放射線医学総合研究所 稲玉直子 独立行政法人 放射線医学総合研究所 石橋浩之 日立化成工業 株式会社 山下貴司 浜松ホトニクス 株式会社 北村圭司 株式会社 島津製作所 小尾高史 東京工業大学 長谷川智之 北里大学  金野真人 株式会社 PTS 独立行政法人 放射線医学総合研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です