逆流性食道炎症状 l 胃酸過多サプリ

 

2015/02/04 に公開

逆流性食道炎は、日本で急上昇している胃腸障害の疾患です。食べると胃酸が上がってきて、いつも胃が重い人。また、食後に膨張感やゲップ。おならなどが頻繁に出てくる。その他に胃潰瘍、ストレス性胃炎、GERD、ピロリ菌、逆流性胃炎、大腸炎、クローン病、リーキーガット。こういった様々な胃腸障害は、私たちの免疫を下げるだけではなく、体力、脳機能、倦怠感上昇、アドレナルファティーグ、がん、糖尿病など色んな疾患を生みます。

逆流性食道炎を持つ多くの人が、’胃酸が不足している人が多い事。胃、胃袋で食材を消化できる環境にある酸性度はまるでメタルも溶かす酸性度です。ピロリ菌の多くが、胃酸ベタインが不足している事も大きい原因です。ピロリ菌を除菌された方は特に、強力乳酸菌保護をお薦めします。

胃酸とは、胃酸ジュース、ベタインの塩酸(ビーテン HCL)を言います。そして、ベタインと同時に必須な栄養素がペプシンです。私たちは50才になれば、酵素は50%も減少していると言われています。

逆流性食道炎の注意と改善法:
●大腸、小腸へ強力乳酸菌、高成分乳酸菌で善玉管理が大切

●ストレス管理 ☞副腎疲労、アドレナルの管理が非常に大切です

●ベタイン+HCL 無添加ドクターズサプリで保護しましょう

●食べ方の注意する事 食べ方は、アルカリ性70=酸性30を最低限

●ながら食事を避けましょう。携帯を見ながら、TVを見ながらの食事

●食べ方コンビネーション方法を学びましょう
例:タンパク質+ファット+炭水化物は最悪な危険な食べ方です詳しくは、別途食べ方コンビネーションビデオをご覧ください

●胃腸の粘膜に赤身があり、炎症がある場合
L・グルタミン酸の特許製法を1日に5-10gの水に入れて、毎1時間など摂取

●胃酸過多薬などを使っている場合は、B12&活性化ビタミンBがブロックされれますので、栄養素を補給しましょう

●胃炎や大腸炎がある場合は、マルチビタミンメディカルフードで栄養素を管理

● 上記に当てはまる人は、ミネラルの不足がある人が大勢います。フルボ酸、フミック酸、トレースミネラルでミネラル保護をお薦めします
上記内容、ビデオは教育のために作られております。栄養素を変更する場合、サプリを変更する場合、薬の中断などを行う時は必ず医師に確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です