全身性エリテマトーデスーステロイドの副作用で両肩の関節が壊死して上がらない

 

2014年8月24日  東京で開催された自分研究ーワークショップで全身性エリテマトーデスの方が参加されま­した

重力バランス軸、支持骨の調整を行いました

ここにアップしている動画は脳の情報を読み、その情報のとおりに行ったものです。
あなたが知りたい答えは「自分の脳の中」にあります。

脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(NPO「自分文化ー安住村」・生ーシステム研究会代表)は、
姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研­究してきました。

医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療­者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成して­います。

また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう』と呼びかけを行い、
自分研究ワークショップや「自分研究」勉強会を開催し、そのための考え方や技術を指導­しています。(自分研究-自分療法)

また、読脳法で原因や対応の方法を探り、指導する個別指導の場もあります。(あなた研­究-あなた療法)

詳細はホームページをご覧下さい

cwポータルサイト
http://www.cw-system.jp/

現代医学で良くならない難治な病気症状の研究会
http://www.cw-system.jp/sei_system/nb…

お問合せ先:「生-システム」研究会、
http://www.cw-system.jp/sei_system/

自分研究ワークショップ
http://www.npo-za.org/zws/index.php

当グループの活動は社会運動としての活動であり、
宗教やネットワークビジネスとは一切関係ありません

出直し看護塾_抗菌薬クエスト

エクセルは、こちらのブログからダウンロード可能です!
http://boyakikango.blog.shinobi.jp/En…

抗菌薬の種類、薬品名、商品名がなかなか頭に入らないので簡単なゲーム(ゲームでもな­いけど)を作ってみました。お試しあれ。もし気に入っていただければコメントもしくは­、「Good」をお願いします。みなさんの評価がよろしければ不整脈薬とその種類編も­作ろうと思います!

臨床薬学講座 – 薬物相互作用の個人差に関する研究とテーラーメイド医療への応用

慶應義塾大学薬学部 臨床薬学講座 研究紹介
大谷 壽一 教授

新しい薬は臨床試験に合格して市販されても、その時点ではまだ完成品とは言えません。­市販後の医薬品の使い方をケアし、育てることは、創薬とならぶ薬学の重要な役割です。­慶應義塾大学薬学部薬学科・臨床薬学講座では、おもに市販後の医薬品に関して、臨床的­な問題点を解明し、適正かつ有効に使用するための情報をつくる研究を行っています

Daisaku Harasaki PKN Kagoshima Vol.6 – 2014.07.29

原崎 大作(ハラサキ ダイサク)さん
アクア薬局花棚店 管理薬剤師
交通事故で右足を失ったことをきっかけに、医療業界で働くことを考え始める。福山大学­薬学部卒業後、調剤薬局、病院勤務を経て、アクア薬局花棚店に勤務。現在、鹿児島県薬­剤師会常務理事を務める。趣味はインドア系で、ヘンなものに目がない。

薬剤師の仕事から趣味までたくさんのネタを持っている中から、今回は「生きる意志表示­」について話します。

在宅医療を支える薬剤師がiPadで医師や看護師、介護スタッフとSNS連携

東京・神奈川を中心に46店舗の薬局を展開する徳永薬局徳永薬局では、2010年3月­に在宅部を設けて、10名ほどの在宅薬剤師を4つの拠点薬局に配置し、在宅医療の一翼­を担っている。そして同社は40台のiPad miniをすべての訪問薬剤師と拠点の薬局に配付して、業務効率化に活用している。