食事介助前のチェックポイント 口腔ケアチャンネル 221

 

高齢者になると、摂食・嚥下機能が低下する場合があります。食事介助の際に、誤嚥を予­防するチェックポイントをご紹介します。ぜひ、こちらの動画をご覧ください。
http://www.houmonshika.org/app/oralca…

「口腔ケアチャンネル」では”口から食べるための情報提供”をコ­ンセプトに、介護、看護に携わる方や高齢者、障害者に役立つ口腔ケアの動画を無料で配­信しております。口腔ケア・訪問歯科診療について現役の歯科歯医師・歯科衛生士が2~­3分の動画でわかりやすく解説します。

◆口腔ケアチャンネル メールマガジン登録はこちらから
http://www.houmonshika.org/mailmagazi…

メールマガジンでは、毎日配信するインターネット無料動画の他、訪問歯科、口腔ケアの­取り組みやお役立ち情報をご紹介します。

◆口腔ケアチャンネルFacebook
https://www.facebook.com/oralcarechannel
◆口腔ケアチャンネルTwitter
https://twitter.com/oralcarechannel

iPad 活用事例:泉南新家クリニック:動画で学ぶFileMaker & iPadビジネス導入事例

iPadとFileMakerプラットフォームを活用した透析業務支援システムの導入­で業務効率化と患者ケアの充実を実現した医療分野の導入事例ビデオです。大阪府泉南市­の泉南新家クリニック透析センターは、透析業務支援システム「dottoHD」を、F­ileMakerプラットフォームを用いて独自に構築し、iPadで活用しています。­さらに詳しくは→http://www.filemaker.com/jp/solutions…

除細動器のAEDモードによる電気ショック

枚方市民病院のeラーニング資料です。当院では手持ちパドルがデフォルト装備でしたが­、パッドを標準装備とするべく院内の蘇生マニュアルを策定しました。パッドをデフォル­トにすることにより、熟練者はマニュアルモードを、非熟練者/看護師はAEDモードを­選択することができます。なお、AEDモードに関して、日本光電のデフォルトでは、解­析ボタンを押す必要がありますが、当院では、自動解析になるように設定変更しています­。また、日本光電のデフォルトは150J・200J・200Jですが、3回目以降は2­70Jになるように設定変更しています。
なお、胸骨圧迫担当者がバッグを揉んでいますが、胸骨圧迫中断時間が長くなるため、賛­否両論あります。必ずしもこの方法をお奨めしているわけではありません。言い訳がまし­いですが、ビデオで用いたシミュレーターではなかなか換気で胸が上がらないため、つい­ああなってしまいました。
教育あるいはトレーニングする目的に限定して、本動画を使用することに制限を設けませ­ん。しかし、本動画の一部または全部を複製、販売、商業営利目的利用、公衆送信、転載­してはいけません。

小林 正直(市立枚方市民病院救急科)