③抗がん剤治療を受ける際に必要なこと

 

2013年2月20日(水)放送アピタルがん夜間学校 第11回「抗がん剤の副作用対策」
「③抗がん剤治療を受ける際に必要なこと」
先生は、日本医科大学附属 武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授 勝俣 範之 先生。 日直(司会)は、町 亞聖さん サポート役は「アピタル」編集長の平子 義紀さんです。

これまでのアーカイブは「アピタルがん夜間学校 インデックス」へ
http://www.asahi.com/health/feature/c…

朝日新聞の医療サイト「アピタル」
HP:http://www.asahi.com/apital
Twitter:http://twitter.com/asahi_apital
Facebook:http://www.facebook.com/asahi.apital

もっとがん医療の映像を見たい方はキャンサーチャンネルへ
HP:http://www.cancerchannel.jp/
Twitter:http://twitter.com/#!/CancerChannel
Facebook:http://www.facebook.com/cancerchannel

線溶

 

こちらの動画は,株式会社メディックメディアから発行されている,『看護師・看護学生­のための レビューブック2016』の「G章 血液・造血器疾患」で説明されている,線溶の内容をレクチャー動画化したものです.

動画の後半には,無料アプリ『ネコナース+』でできる4つのコンテンツについても告知­されています!

血液凝固

 

こちらの動画は,株式会社メディックメディアから発行されている,『看護師・看護学生­のための レビューブック2016』の「G章 血液・造血器疾患」で説明されている,血液凝固の内容をレクチャー動画化したものです­.

動画の後半には,無料アプリ『ネコナース+』でできる4つのコンテンツについても告知­されています!

全身性エリテマトーデスーステロイドの副作用で両肩の関節が壊死して上がらない

 

2014年8月24日  東京で開催された自分研究ーワークショップで全身性エリテマトーデスの方が参加されま­した

重力バランス軸、支持骨の調整を行いました

ここにアップしている動画は脳の情報を読み、その情報のとおりに行ったものです。
あなたが知りたい答えは「自分の脳の中」にあります。

脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(NPO「自分文化ー安住村」・生ーシステム研究会代表)は、
姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研­究してきました。

医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療­者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成して­います。

また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう』と呼びかけを行い、
自分研究ワークショップや「自分研究」勉強会を開催し、そのための考え方や技術を指導­しています。(自分研究-自分療法)

また、読脳法で原因や対応の方法を探り、指導する個別指導の場もあります。(あなた研­究-あなた療法)

詳細はホームページをご覧下さい

cwポータルサイト
http://www.cw-system.jp/

現代医学で良くならない難治な病気症状の研究会
http://www.cw-system.jp/sei_system/nb…

お問合せ先:「生-システム」研究会、
http://www.cw-system.jp/sei_system/

自分研究ワークショップ
http://www.npo-za.org/zws/index.php

当グループの活動は社会運動としての活動であり、
宗教やネットワークビジネスとは一切関係ありません