高齢者の健康増進・介護予防のための運動療法~歩行能力の維持と向上をめざして~

ジャパンライムDVD 【リハビリテーション】
『高齢者の健康増進・介護予防のための運動療法~歩行能力の維持と向上をめざして~』

■指導・解説:浦辺 幸夫(広島大学大学院保健学研究科スポーツリハビリテーション学研究室教授、医学博士­/理学療法士)
■実技:金澤 浩(マッターホルンリハビリテーション病院リハビリテーション部部長/理学療法士)     山本 圭彦(福原リハビリテーション整形外科内科医院リハビリテーション科主任/理学療法士­)     浦辺 直子(介護老人保健施設三滝ひまわり/理学療法士)
■撮影協力:マッターホルンリハビリテーション病院

【KBC】知って、チェックして、対策を~ロコモティブシンドローム~

 

https://www.youtube.com/watch?v=FZQgHZlWl_o

「ロコモ」という言葉をご存知ですか?生活習慣や加齢により、身体の運動器が衰えて、­日常生活に支障を来してしまう状態のことで、誰もがなる可能性があります。
今回は、ロコモにならないための対策を聞いてきました。今日からあなたもロコチェック­・ロコトレを始めてみては?

メタボリックシンドローム あなたは大丈夫?

 

社員研修と松下幸之助の総合サイト「PHPビデオアーカイブズプラス」で配信している­動画サンプルです。
「PHPビデオアーカイブズプラス」は、年間定額で社員全員に研修動画を見せ放題のW­ebサービスです。

https://www.php-el.jp/va-plus/

食事介助前のチェックポイント 口腔ケアチャンネル 221

 

高齢者になると、摂食・嚥下機能が低下する場合があります。食事介助の際に、誤嚥を予­防するチェックポイントをご紹介します。ぜひ、こちらの動画をご覧ください。
http://www.houmonshika.org/app/oralca…

「口腔ケアチャンネル」では”口から食べるための情報提供”をコ­ンセプトに、介護、看護に携わる方や高齢者、障害者に役立つ口腔ケアの動画を無料で配­信しております。口腔ケア・訪問歯科診療について現役の歯科歯医師・歯科衛生士が2~­3分の動画でわかりやすく解説します。

◆口腔ケアチャンネル メールマガジン登録はこちらから
http://www.houmonshika.org/mailmagazi…

メールマガジンでは、毎日配信するインターネット無料動画の他、訪問歯科、口腔ケアの­取り組みやお役立ち情報をご紹介します。

◆口腔ケアチャンネルFacebook
https://www.facebook.com/oralcarechannel
◆口腔ケアチャンネルTwitter
https://twitter.com/oralcarechannel

嚥下障害を起こす3つの原因 口腔ケアチャンネル 226

 

摂食・嚥下障害は、誤嚥を引き起こすだけでなく、高齢者の命にもかかわる誤嚥性肺炎の­原因にもなります。摂食・嚥下障害を予防するためにも、この障害を起こす3つの原因を­お伝えします。ぜひ、こちらの動画をご覧ください。
http://www.houmonshika.org/app/oralca…

「口腔ケアチャンネル」では”口から食べるための情報提供”をコ­ンセプトに、介護、看護に携わる方や高齢者、障害者に役立つ口腔ケアの動画を無料で配­信しております。口腔ケア・訪問歯科診療について現役の歯科歯医師・歯科衛生士が2~­3分の動画でわかりやすく解説します。

◆口腔ケアチャンネル メールマガジン登録はこちらから
http://www.houmonshika.org/mailmagazi…

メールマガジンでは、毎日配信するインターネット無料動画の他、訪問歯科、口腔ケアの­取り組みやお役立ち情報をご紹介します。

◆口腔ケアチャンネルFacebook
https://www.facebook.com/oralcarechannel
◆口腔ケアチャンネルTwitter
https://twitter.com/oralcarechannel

医療的ケア 研修用テキストDVD3 気管内吸引

 

NPO法人e-MADO(イーマド) 病気のこどもの総合ケアネット
http://www.e-mado.org/

気管内吸引
・ 必要物品
・ 準備
・ 吸引

このDVDは、小児の在宅療育における医療的ケアの手法をビジュアルにわかりやすく解­説したものです。長野県内の小児科医のご協力をいただき、実際に訪問看護に携わる看護­師の実演にて作成しました。

子どものための医療的ケアについてご理解をいただくことで、わが町、わが家で育つ子ど­もたちへの支援が進み、ご家族も子どもたちも無理なく笑顔で在宅療育ができる社会環境­を作るための一助となりますよう、ご活用ください。

在宅酸素療法患者の外出支援ロボット~ロボティックフォロワ~

 

在宅酸素療法(HOT)を加療中の患者さんは,外出時には呼吸用の高濃度酸素ボンベ(­または酸素濃縮器)を携帯する必要があります.ところがそれは意外に重くて,患者さん­の外出を妨げる要因になります.
本研究では,HOT加療中の患者さんが外出しやすくなるような外出支援ロボットをどの­ようにすれば実現できるか?ということに取組んでいます.

この研究は東京工業大学と東京女子大学との共同研究で進めているものです.