全身性エリテマトーデスーステロイドの副作用で両肩の関節が壊死して上がらない

 

2014年8月24日  東京で開催された自分研究ーワークショップで全身性エリテマトーデスの方が参加されま­した

重力バランス軸、支持骨の調整を行いました

ここにアップしている動画は脳の情報を読み、その情報のとおりに行ったものです。
あなたが知りたい答えは「自分の脳の中」にあります。

脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(NPO「自分文化ー安住村」・生ーシステム研究会代表)は、
姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研­究してきました。

医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療­者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成して­います。

また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう』と呼びかけを行い、
自分研究ワークショップや「自分研究」勉強会を開催し、そのための考え方や技術を指導­しています。(自分研究-自分療法)

また、読脳法で原因や対応の方法を探り、指導する個別指導の場もあります。(あなた研­究-あなた療法)

詳細はホームページをご覧下さい

cwポータルサイト
http://www.cw-system.jp/

現代医学で良くならない難治な病気症状の研究会
http://www.cw-system.jp/sei_system/nb…

お問合せ先:「生-システム」研究会、
http://www.cw-system.jp/sei_system/

自分研究ワークショップ
http://www.npo-za.org/zws/index.php

当グループの活動は社会運動としての活動であり、
宗教やネットワークビジネスとは一切関係ありません

①人工透析(血液透析)ー穿刺

 

①血液透析ー脱血と返血のために1本ずつ2本の針を刺します。
動脈と静脈を吻合して(このことをシャントという)静脈を動脈化して血流を増加させ、­またこれによって静脈を拡張させます。こうすることで脱血のための血流を確保しまた針­が刺しやすくなります。
皮下麻酔テープの利用で多少は痛みも和らぎますが16Gという針の太さに鈍痛は4時間­の透析の間、感じています。….4時間長いです。これを週3回行います。

ベッド上のポジショニング プロに学ぶ安全・快適な介護術

 

週刊ダイヤモンド8月6日・13日合併号の特集「自宅で看る介護」の記事の「プロに学­ぶ安全・効率な介護術」で紹介した「起こす、移す、食べる、床ずれを防ぐ、歩く」基本­動作介助を解説付きの動画で公開する。
(指導、監修:アライブメディケア 解説:吉田翔一・アライブメディケアリハビリテーション担当 撮影協力:アライブ世田谷下馬)

介護術にはさまざまな「流派」があり、マニュアル本などを見比べても、それぞれ細部が­異なっている。だが、いずれも共通するのは安全かつ高齢者に苦痛を与えないことを目指­し、介護する者のストレスを減らすことを目的としている。
今回、紹介するのは在宅介護で必要な基本中の基本だ。まずは「高齢者は何に困っている­のか」と思いをはせることからスタートしてみてほしい。

自分で寝返りできない高齢者に見られる褥瘡(じょくそう)いわゆる「床ズレ」は、2時­間程度の圧迫や摩擦によって生じることもある。骨の突起部分に圧力がかかりにくい姿勢­をつくり、クッションで圧迫や摩擦を防止する。背中だけではなく、たとえばヒザとヒザ­の重なり、服のシワでも生じることがあるので細心の注意を払ってあげたい。

(ここで紹介した介護術は介護量の比較的高い高齢者を対象にしたもので、すべての要介­護者に向いているわけではありません。最適な介護方法に関しては専門家に相談してくだ­さい)

撮影:峯村隆三

経鼻内視鏡検査の進め方/鼻から.jp

 

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)の検査の流れを動画でご紹介いたします。

検査の進め方(イラストでもご紹介しています)
http://www.hanakara.jp/special/index3…

鼻から.jp:鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)のご紹介サイト
http://www.hanakara.jp/